Outlook 2016 の設定

メールソフトを利用するため東工大ポータルから共通メール認証IDを取得して下さい。
  1. 初めて起動した場合、「次へ」をクリックします。
    それ以外の場合はメニューの「ファイル」からアカウント追加をします。
    「次へ」をクリック
  2. 「はい」を選択して、「次へ」をクリックします。
    「はい」をチェック
  3. 「自分で電子メール…」を選択して、「次へ」をクリックします。
    「自分で電子メール…」を選択
  4. 「POPまたはIMAP」を選択して、「次へ」をクリックします。
    「POPまたはIMAP」を選択
  5. POP と IMAP のアカウント設定を行います。
    インターネット電子メール設定画面
    ユーザー情報
    ユーザー情報の「名前」と「電子メールアドレス(*)」を入力します。
    *共通メールアドレス xxxx.x.x@m.titech.ac.jp または部局のメールアドレスで差出人アドレスとして利用するもの
    サーバー情報
    アカウントの種類を「POP」または「IMAP」を選択します。
    受信メールサーバーに「mailv3.m.titech.ac.jp」を入力します。
    送信メールサーバーに「smtpv3.m.titech.ac.jp」を入力します。
    メールサーバへのログオン情報
    アカウント名に共通メール認証IDを入力します。
    パスワードは東工大ポータル マトリクス認証と同一です。
    入力が終わったら「詳細設定」をクリックします。

  6. 「送信サーバー」タブをクリックし、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れます。
    送信サーバー設定画面
  7. 「詳細設定」タブをクリックします。

    POP3を利用する場合
    詳細設定(POP3)
    受信サーバー「995」、このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要にチェックを入れます。
    送信サーバー「465」、使用する暗号化接続の種類を「SSL」にします。

    サーバにーメッセージのコピーを置く設定は適時変更して下さい。
    設定終了後「OK」をクリックします。

    IMAPを利用する場合
    詳細設定(IMAP)
    受信サーバー「993」、使用する暗号化接続の種類を「SSL」にします。
    送信サーバー「465」、使用する暗号化接続の種類を「SSL」にします。

    設定終了後「OK」をクリックします。


メールソフトの設定」ページに戻る

このページの先頭に戻る

更新日: 2013/3/01
作成: 認証基盤システム担当

現在位置: 東工大ポータル > 操作・設定ガイド > Outlook 2013 の設定