Outlook 2019 の設定

メールソフトを利用するため東工大ポータルから共通メール認証IDを取得して下さい。
  1. 初期起動後、メールアドレスを入力します。
    詳細オプションを開き「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックします。
    「接続」をクリックします。
    「接続」をクリック

    画面が出ない場合はメニューの「ファイル」からアカウント追加をします。
    「ファイル」をクリック
    「アカウント設定」をクリック
  2. 「POP」または「IMAP」を選択します。
    「POP」をクリック

  3. 受信メールと送信メールのサーバ情報を入力します。
    「メールサーバ」を入力
    受信メール
    サーバー「mailv3.m.titech.ac.jp
    ポート「995(POPの場合)」または「993(IMAPの場合)」
    このサーバでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」にチェック。

    送信メール
    サーバー「smtpv3.m.titech.ac.jp
    ポート「465
    暗号化方法は「SSL/TLS」を選択。

    入力と選択が終わったら「次へ」をクリックします。

  4. 東工大ポータルのマトリクス認証と同じパスワードを入力して「接続」をクリックします。
    「パスワード」を入力

  5. 「ユーザー名」に共通メール認証IDを入力します。
    「ユーザー名」を変更

  6. 「OK」をクリックしてセットアップを終了させます。 「OK」をクリック


POPを利用する場合
  1. ファイルのアカウント設定で変更をクリックします。
    「ファイル」をクリック
    「アカウント設定」をクリック
    「変更」をクリック

  2. 詳細設定をクリックします。
    「OK」をクリック

  3. 詳細設定のタブでサーバーにメッセージのコピーを置く設定は適時変更して下さい。
    設定終了後「OK」をクリックします。
    「OK」をクリック

メールソフトの設定」ページに戻る

このページの先頭に戻る

更新日: 2018/12/01
作成: 認証基盤システム担当

現在位置: 東工大ポータル > 操作・設定ガイド > Outlook 2019 の設定