Thunderbird の設定

メールソフトを利用するため東工大ポータルから共通メール認証IDを取得して下さい。

ThunderbirdはWindows, Linux, Mac OSなどで使用できるフリーのメールソフトウェアです。

Thunderbirdのダウンロードはこちらから

  1. Thundrbirdを起動すると初回起動時はメールアカウントの設定画面が表示されます。

    またはメニュー(*)「ツール」から「アカウント設定」を開き、左下の「アカウント操作」から「メールアカウントを追加」をクリックします。
    *上部で右クリック「メニューバー」でメニューが表示されます。



  2. 名前とメールアドレス(*)を入力して「続ける」をクリックします。
    *共通メールアドレス xxxx.x.x@m.titech.ac.jp または部局のメールアドレスで差出人アドレスとして利用するもの

  3. アカウント設定の自動検索後、設定情報を編集します。
    ・受信サーバの種類を「POP3」か「IMAP」のどちらかから選択します。
    ・受信サーバを「mailv3.m.titech.ac.jp」に、SSLを「SSL/TLS」に変更します。
    ・受信ポート番号はPOP3の場合 995、IMAPの場合 993 にします。
    ・送信サーバを「smtpv3.m.titech.ac.jp」に、SSLを「SSL/TLS」に変更します。
    ・送信ポート番号は 465 にします。
    ・認証方式を受信サーバ・送信サーバともに「通常のパスワード認証」にします。
    ユーザ名に共通メール認証IDを取得して入力します。
    ・すべての入力が終わったら「詳細設定」をクリックします。
  4. POP3を利用する場合
    左側の「サーバ設定」をクリックし、「ダウンロード後もサーバにメッセージを残す」の設定を必要に応じて変更します。「OK」をクリックして設定を終えます。
  5. IMAPを利用する場合
    左側の「サーバ設定」をクリックし、「終了時に受信トレイを整理(expunge)する」をチェックします。「OK」をクリックして設定を終えます。

フォルダの管理(IMAP受信のみ)

  1. メニューの「ファイル」から「購読」を選択します。
  2. メールサーバに接続し、Webメール上のフォルダ一覧が表示されます。
    ここでThunderbird上で表示または非表示にするフォルダを選択できます。
  3. アカウント設定の「サーバ設定」を選択します。
    メールを削除する時:次のフォルダに移動する:「ゴミ箱」を選択するとWebメールと同期します。
    ※Webメールのゴミ箱は30日経過したメールを自動削除しますのでご注意下さい。
  4. アカウント設定の「送信控え特別なフォルダ」を選択します。
    メッセージ送信時に自動的にコピーを作成するにチェックが入れます。
    その他のフォルダを指定する:「*****の送信BOXフォルダ」を選択するとWebメールと同期します。

「メールソフトの設定」ページに戻る

このページの先頭に戻る

更新日: 2012-10-01
作成: 認証基盤システム担当

現在位置: 東工大 ポータル > 操 作・設定ガイド > Thunderbirdの設定