困ったときは

その他の問い合わせについては「よくある質問」も参照してください。

質問一覧

ICカードに関するトラブル

ポータルのログインに関するトラブル

ICカード認証のトラブル
マトリクス認証のトラブル
ポータルログイン後のトラブル

共通メールに関するトラブル

SSL-VPNに関するトラブル

無線LANに関するトラブル

建物の入館に関するトラブル

ICカードに関するトラブル

ICカードを紛失・破損した
盗難や紛失の場合には、ただちに東工大ICカードの発行を受けた窓口に届け出てください。その際、本人確認ができるもの(免許証,パスポート,保険証,公共料金の領収書等)が必要になります。
破損した場合はカードを持参の上、東工大ICカードの発行を受けた窓口に届け出てください。
※所有者の過失による場合は再発行費用を負担していただく場合があります。
パスワードが記載されている発行通知書を失くした
発行通知書の再発行はできません。発行通知書にはアカウント、パスワード、PINコードが記載されています。アカウントはICカード額面の学籍番号または職員番号です。
アクセスカードをお持ちの場合のアカウントは「A」から始まります。
パスワードがわからない場合は「パスワードを忘れてしまった」、PINコードがわからない場合は「PINコードがわからなくなった」を参照してください。

ページの先頭に戻る

ポータルのログインに関するトラブル

ICカード認証のトラブル

ICカード認証時に「ページを表示できません」等のエラーが表示される
ICカードがブラウザで認識されていない可能性があります。こちらの確認手順からICカードが正常に読み込めているか確認してください。カードリーダが正常に動作している場合は、一度ブラウザを終了させてから認証をもう一度お試しください。
カードリーダで正常に読み込めない場合は、カードを抜き差ししたり、別のUSBポートにカードリーダを挿し直したりすることで改善する場合があります。
PINコードがわからなくなった
ICカードの発行を受けた窓口でPINコードをリセットできます。
本人がICカードを持参の上、直接窓口まで出向いてください。アクセスカードをお持ちの場合はICカードに顔写真が掲載されていないため、自動車免許証・パスポート等の本人確認のための身分証が別途必要になります。
担当窓口についてはお問い合わせページを参照してください。
証明書管理ツールを起動すると「ロックされています」と表示される
PINコードの入力を一定回数間違えるとICカードの機能がロックされます。
東工大ICカードの発行を受けた窓口でPINコードのロックを解除してください。
FirefoxでICカード認証ができない
FirefoxでICカード認証をする場合はセキュリティデバイスの追加設定が必要になります。
WindowsのFirefox バージョン 90.0.2以降をお使いの場合は、設定エディターによる設定変更がさらに必要ですので、ご注意ください。
ICカードを再発行したらICカード認証ができなくなった
新しいICカード(更新発行を含む)を受け取ってから初めてICカードで認証する際は、動作確認が必要になるので、ICカードリーダの動作確認を行ってください。
カスペルスキーがインストールされたPCでICカード認証ができない
こちらのページをご参考に特定のページのみ「ウェブ保護」機能を無効にする設定をお試しください。なお、ドメイン名には「portal.nap.gsic.titech.ac.jp」をご入力ください。 こちらで症状が改善しない場合は、カスペルスキーのアンインストールと東工大包括ソフトウェア提供のセキュリテイ対策ソフトの利用をご検討ください。

ページの先頭に戻る

マトリクス認証のトラブル

AccountとPasswordを入力するとポータルのトップ画面に戻ってしまう
AccountかPasswordのどちらかが間違っている場合に起こる現象です。アカウントは学籍番号又は職員番号で、ICカード額面の右上に記載されています。
パスワードがわからない場合は、「パスワード忘れてしまった」をご覧ください。
パスワードを忘れてしまった
ICカードのPINコード(6桁の数字)がわかる場合は、ICカードリーダのついたパソコンからICカード認証でポータルにログインして、自分でパスワードをリセットできます。ICカードリーダのついたパソコンは生協にも設置されています。PINコードがわからない場合はカードの発行を受けた窓口(教務・人事)に相談してください。
マトリクスコード入力画面で先に進めない
券面表に記載のICカードの有効期限を確認してください。また入力座標がずれていないか、印字面の汚れや掠れ等により別の文字と間違えていないかをもう一度確認してみてください。

ページの先頭に戻る

ポータルログイン後のトラブル

メニューにWebメールとパスワード変更しか表示されない
ICカードの有効期限が切れています。券面の有効期限を確認してください。
再発行が必要な場合はICカードの発行を受けた窓口にご相談ください。
メニューをクリックするとポータルのトップページに戻ってしまう
Internet Explorerを利用している場合、ポータルで利用するWebサイトの一部を信頼済みサイトに追加すると認証情報が引き継がれないため発生します。信頼済みサイトから全て削除するか、もしくはポータル全てのサイトを追加してみてください。また別の方法として Edge, Google Chrome, Firefox など他のブラウザをご利用ください。
姓名読み登録を間違えてしまった
姓名読み登録は一度登録すると自分で変更することはできません。
誤字脱字や姓名を逆に登録した等の理由で修正が必要な場合は、

認証基盤システム担当:query(at)nap.gsic.titech.ac.jp ※(at)を@に置き換える

までご連絡ください。なお姓名読み登録を変更すると以前取得した共通メールアドレスは利用できなくなります。必要な場合は事前にメールのバックアップを取っておいてください。

ページの先頭に戻る

共通メールに関するトラブル

転送先にメールが届かない
転送アドレスが正しいか確認後、転送先の迷惑フィルタリング設定で titech.ac.jp ドメインからのメール受信を許可してください。携帯会社などはデフォルト設定では受信しません。※ au は「受信リスト」「なりすまし規制回避リスト」の2種類の許可が必要なる場合があります。
転送先にメールが届くが、Webメールにメールが残っていない
Tokyo Tech Mail で自動転送を設定している場合、「メールのコピーを残す」にチェックを入れていないとサーバにメールが残りません。詳しくは、自動転送設定を参照してください。
IMAPで送信済みフォルダが同期されない
Thunderbirdをお使いの場合、設定を変更すると同期をとることができます。詳しくは、Thunderbird の設定の「フォルダの管理(IMAP受信のみ)」を参照してください。
POPで受信しているが、Webメールにメールが残っていない
POP受信設定に「メールをサーバに残す」「**日以前のメールは削除する」等の設定がありますのでお使いのメールソフトから設定の変更をしてください。
※一度POP受信したメールはサーバ側ではWebメールに戻せません。

ページの先頭に戻る

SSL-VPNに関するトラブル

SSL-VPNに接続した直後「切断されました」とエラーが表示され接続できない
下記のF5アンインストール方法を実行後、再度SSL-VPNの設定をお試しください。

windowsスタートメニュー > 歯車「設定」 > アプリ
アプリ一覧から「BIG-IP Edge Client Components (All Users)」をアンインストール
「リモートコンピュータへの接続を確立できませんでした。この接続用にネットワーク設定の変更が必要である可能性があります。」という表示が出る
端末のIPv4の設定がおかしいか、VPN用ネットワークドライバに問題がある状況と考えられます。 下記の対処方法をお試しください。

対処方法1
  1. Windowsスタートボタンからメニュー一覧を開く
  2. 「W」の項目にある「Windows システムツール」をクリックし、「コントロールパネル」をクリック
  3. 右上の表示方法で「カテゴリ」を選択
  4. 「ネットワークとインターネット」をクリックして、「ネットワークと共有センター」を開く
  5. 左側にある「アダプターの設定の変更」をクリック
  6. 使用しているVPNのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択
  7. 「ネットワーク」タブを選択
  8. 「インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」にチェックが入っていることを確認
  9. 「インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」を選択した状態で「プロパティ」ボタンをクリック
  10. 「IP アドレスを自動的に取得する」と「DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っていることを確認
  11. ここまでの確認項目で違いがある箇所を修正して、再度SSL-VPNの接続を試す。
    ※ここで直れば、対処方法2は不要です。
対処方法2
  1. Windowsスタートボタンからメニュー一覧を開く
  2. 「W」の項目にある「Windows システムツール」をクリックし、「コントロールパネル」をクリック
  3. 右上の表示方法で「小さいアイコン」を選択
  4. 「デバイスマネージャー」をクリック
  5. 「ネットワーク アダプター」をクリックして展開
    ※「WAN Miniport(......)」が複数表示されるはずです。
  6. 表示された「WAN Miniport(......)」を順に選択し、右クリックから「削除」
    ※「削除」ではなく「デバイスのアンインストール」等のこともあります。
  7. Windowsを再起動し、再度SSL-VPNの接続を試す
    ※Windowsの標準ドライバですので、削除後に再起動をすると再度インストールされます。

ページの先頭に戻る

無線LANに関するトラブル

無線LANの設定方法がわかない
ネットワークシステム担当のTokyoTechを参照してください。
急に認証ができなくなった
利用制限を受けている可能性があります。
詳しくはキャンパス無線LANのページを参照してください。
急に電波が入らなく(弱く)なった
アクセスポイントの故障の可能性があります。
ネットワークシステム担当までお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

建物の入館に関するトラブル

ICカードをかざしても扉が開かない
カードリーダにICカードをかざしてエラーの反応があるかどうか確認してください。
何かしらの反応がある場合は、まだICカードが登録されていないので、建物管理者にカードの登録をしてもらってください。反応が何もない場合はICカードが破損している可能性があります。カードの発行を受けた窓口までご相談ください。

ページの先頭に戻る

現在位置: 東工大ポータル > よくある質問 > 困ったときは

更新日: 2021/06/15
作成: 認証基盤システム担当